国際交流ブログ

H30 オーストラリア海外研修 6・9日目

6日目は3・4日目と同様に、越谷南高校生向けの英語の授業、バディとともにモーニングティー、授業参加、ランチ、そして再び越南生向けの英語の授業という一日でした。ここまで来ると、バディとも打ち解けて、自然に一緒にモーニングティーに行ったり、こちらが心配しなくても自然に学校生活を送れるようになってきました。


7・8日目は土日という事で、ホストファミリーと一緒に世界遺産のブルー・マウンテンズに連れて行ってもらったり、シドニー市内に一緒に行った人もいれば、教会に一緒に行ったりと様々な形で週末を過ごしました。


9日目は、早いもので、とうとう学校に通う最終日となってしまいました。日本文化紹介の発表が2時間目に入っていたため、1時間目は最後の練習を行いました。昨年度の先輩が素晴らしい歌と踊りを披露してくれていたため(昨年度も同じ学校でお世話になっています)、今年は期待も大きく、パフォーマンスのホールでの発表となり、また校長先生の他にも、演劇やパフォーマンスの授業を取っている3クラスの生徒と先生など多くの観客がいる中での発表となりました。不安もありましたが、観客の良い反応にも助けられ、皆楽しく、思い切って日本文化紹介の発表、歌、踊りを見せる事ができ、大きな期待に見事に応え、そして自分達にとっても、英語で伝えたい事を伝える素晴らしい経験となりました。










その後バディとのモーニングティー、授業参加の後、ランチタイムがバディとのお別れの時間となりました。それぞれ写真を撮り合い、連絡先を交換し、名残惜しい別れとなりました。






また、その後今回の研修の修了証も受け取りました。

明日は学校には来るものの、そのまま学校をバスで発ち、シドニー市内での班別自由行動を経て、空港に向かい、帰国となります。最後までしっかりと英語を使い、楽しく、前向きに研修を終われたらと思います。