外国語科ブログ

フランス語の発表会に出場!

12月16日(土)に中央大学茗荷谷キャンパスで開かれた「フランコフォニーを発見しよう!」というフランス語の発表会に、外国語科2年生の3人が出場してきました。本校の3人組は、フランス語やフランス文化に関わるクイズを出題するセクションに参加しました。かつてフランスの植民地であったアフリカのいくつかの国は、フランス語を公用語としています。その中からアフリカの2国、ベナンとルワンダに関するクイズを作成し、フランス語と日本語で出題しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒たちが出題したクイズを一つご紹介します。ルワンダで朝食でよく食べられるオートミール粥は、どんな味がするでしょう? 

①小麦粉に牛乳をかけたような味

②白米に牛乳をかけたような味

③コーンフレークに牛乳をかけたような味

④片栗粉に牛乳をかけたような味

さてどれだと思いますか?               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは①。小麦粉に牛乳をかけたような味、だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試してみたところ、美味し‥‥くはなかったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3人ともフランス語で堂々と発表ができました。

「ちょっと緊張したけど、この舞台を楽しめたし、とても良い経験になりました。こんなチャンスがまたあったら、次も挑戦したいです!」とのこと。賞状もいただきましたよ!