国際交流ブログ

1学年British Hillsより帰国!

7月28日から30日の2泊3日で、1学年外国語科の生徒が福島県にある英語研修施設Blitish Hillsにて英語研修を行ってきました。
2泊3日、英語漬けの生活です。日本語は禁止。日本語が禁止という環境は後にも先にもないのではないでしょうか…さて、その様子を少し紹介したいと思います。

到着してすぐにオリエンテーション、そして部屋のチェックイン。もちろんすべて英語です。
  

Lesoon(授業)を3日間で1人5つ受けました。
<授業一覧>
Travel Abroad、Speech Skills、Pronunciation Skills、Drama、Cooking Scones、Calligraphy、Homestay English、Volunteer English、Culture&Manners

スピーチをする際の技術(アイコンタクトやボディランゲージなど)や、発音の技術に関する授業もあれば、演劇やスコーンづくりの授業などもあり多岐にわたる内容でした。生徒たちはどれも興味を持って取り組んでいました。サマーセミナー期間中毎日書くDiaryには、「時間が過ぎるのが早かった」といったような内容も多くみられました。
 

 

また、生徒が口々に言っていたのが「ごはんが美味しい!」ということでした。リフェクトリーと呼ばれる大広間でほとんどの食事をとりました。食事がおいしかったのはもちろんのこと、素敵な空間に生徒たちは目を輝かせていました。

 

また、2日目にはスピーチコンテストも行いました。上位に選ばれた3名はこのあと学内スピーチコンテストへと進みます。
 

自由時間には、卓球やバドミントンなどのスポーツをする人もいれば、英語でスタッフとの会話を楽しむ人もいたり、Tuck Shopと呼ばれるお土産屋さんで買い物をする人もいたり、とそれぞれが思い思いの時間を過ごしたようです。



帰りのバスで「サマーセミナーどうでしたか?」の問いかけに全員が声をそろえて「楽しかったです!!!」と言っていたのがとても印象的です。英語を使うこと・勉強することの楽しさを2泊3日で体感したのではないでしょうか。ぜひこれからの生活にこの経験を活かしていってほしいです!Good job!