図書館ブログ

新着図書情報ほか

「美しい挿絵で見る!おとぎ話の世界」

欧米の児童書は、日本よりもずっと長い歴史があります。
ですから、実に美しい挿絵が昔からおとぎ話にも添えられていました。
「眠れる森の美女」も「シンデレラ」もディズニーのキャラクターを思い浮かべる人が多いと思います。
けれども、あれは本来のおとぎ話の姿ではなく、ディズニー流にアレンジされたものなのです。
本当に素晴らしい挿絵は、想像力を広げてくれます。
絵本黄金期の素晴らしい挿絵画家たちの作品を味わってみてください。


「こんなに変わった!日本史教科書」


新しい発見などによって、歴史の認識はどんどん変わっています。
そして、教科書も定期的に改定されています。
現在高校生のみなさんにとっては当たり前のことでも、何年か前に学校で歴史を勉強した人にとっては、『自分が習ったことと違う』ということになります。
図書館で歴史などを調べる際には、なるべく新しい資料を選ばないといけませんね。
今後こういうふうに教書の記述が変わっていくのではないかという予測も載っています。
コラムとして、世界史の教科書の変わった点についても紹介しています。


「伝統色で楽しむ日本のくらし」

昔から日本人は色に対して、とても繊細な感性を持っていたようです。
例えばピンク一つ取ってみても、桜色、紅梅、牡丹、撫子などたくさんの伝統色があります。
このほんでは、伝統色をその色の由来で分類して、紹介しています。
使われているイラストも優しい色調で、どこかほっとする本です。


「日本のかわいい小鳥」

可愛い小鳥の写真集。
小枝や花にとまる小鳥、木の実をついばむ小鳥。
鳥のさえずりや地鳴きも載っているので、あのさえずりの鳥の正体はこれなんだな、ということがわかるかもしれません。



「図書館ニュース」で本のPOPを募集したところ、さっそく一人の生徒が作ってくれました。

本のPOPを作ってくれた人には、好きな雑誌付録をプレゼントしています。
手書き、PCでの作成どちらでも結構です。
あなたも図書館にあるお気に入りの本を紹介してみませんか?