国際交流ブログ(28年度)

モートン島で研修

 2日、一行は滞在地ブリスベンの東に浮かぶ砂の島「モートン島」へ。生徒たちは潮風にあたり気持ちの良いクルーズの時間を過ごしました。島ではモートンベイリサーチセンターで海ガメの生態についての講義を受講。続いて全員で海沿いを歩き、ゴミを拾いながら海を汚染している廃棄物について学びました。
 オーストラリアでの生活も残りあとわずか。ホームステイ先で、ホストとカップケーキを作る生徒もいるなど、ホストファミリーとの生活にもかなり慣れてきました。明日は最後のイベントであるフェアウェルパーティ。生徒たちは準備してきたことを出し切って、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えます。

クルーズで気分爽快 海ガメの生態の講義を受講 拾ったゴミを題材に海の汚染を学習 おやつは自作のカップケーキ