越南ブログ

外国語科の授業

越谷南には、普通科と外国語科があります。

皆さんは、越谷南高校外国語科でどのような取り組みがなされているかご存じでしょうか?

「英語の勉強に力を入れている学科」というイメージはすぐにできると思うのですが、具体的に普通科と何が違うのかをイメージするのは難しいのではないかと思います。

今日の越南ブログでは、越谷南高校で行われている外国語科の授業の様子を交えてお伝えします!

 

本日行われているのは、3年生のDebate and Discussionという授業です。

それぞれのグループに分かれ、英語でディベートを行います。

 

ディベートの授業では、1クラス生徒約40名に対して日本人教師2名、ALT2名が参加します。

授業はほぼ英語で進んでいきます。

 

肯定派、否定派に分かれて各チームで討論をします。

もちろん、ディベートの進行は英語で行われます。今日はどっちが勝つかな?

   

みんな事前に準備をしてしっかりディベートに臨んでくれました。

今回は同じテーマで行う2回目のディベートということもあり、前回よりもより説得力が増すように工夫をして挑むことができたようです。

 

このように外国語科の授業では、英語力を伸ばすためだけではなく、論理的に話すための練習や、相手に意見を発信するために練習になるようなカリキュラムが組まれています。時にはレベルの高いことを要求されるため、授業前の準備が大変なこともありますが、その分得るものが大きいです。進学後にも役に立つスキルがたくさん身につくのではないでしょうか。

この記事をきっかけに、外国語科に興味を持っていただけたらと思います!

 

2百4十の瞳 ~EXOTIC GAIGO~