越南ブログ

越谷南の『先進的な!?自習』の風景

本日は越谷南の『先進的な!?自習』の風景をお届けします。

本校の外国語科2年3組は、生徒全員が「chromebook」を支給されています。

筆者(2年3組の数学Ⅱ担当)は出張により、2年3組に自習課題を出す必要がありました。

「3組の数学Ⅱ、けっこう遅れているんだよなあ…自習となると、さらに遅れてしまう…どうしたものか…」

「!!」

「3組はたしか、chromebookを持っていたな。それで授業動画を視聴して、授業を進めてしまえばいいのでは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年3組の生徒は慣れた様子で授業動画を視聴しながら、予定されていた通常通りの内容をこなしてくれたそうです。

「動画を止めたり、戻したりできるから自分のペースで進められていい」

「先生が動画の中から急に自分を指名してきて、焦った」

「むしろ普段の授業よりわかりやすいです」(?!)

 

と前向きな意見をいただきました。

臨時休業中も、このような形で授業を行いました。

これからの時代は、こういった授業の形式がどんどん増えていくのでしょうね。

数学が得意な生徒には応用的な問題の解説、苦手な生徒には基礎的な問題の解説などを、これから作っていけたらいいなあと思います。

 

しかし……筆者はやっぱり「双方向で行う授業」の形が好きです。

先生と生徒でやり取りしながら、勉強していく。得意な人が苦手な人に教えながら、クラスの雰囲気をみんなで感じながら授業をしていく。

学校で一番大事なのは、「人との関わりを通して成長する」ことだと筆者は考えるからです。

 

「動画の授業」「対面の授業」、どちらの良さも活かしながら、生徒の成長を第一に考えて、越谷南高校は教育を行っていきたいと思います。

 

さあ、期末考査まで約3週間。気候もいつの間にか段々冬らしくなってきました。

部活に、勉強に、なんでも頑張る越南生諸君。体調には十分気をつけて、今年を乗り切っていきましょうね。

がんばれ、越南生。