部活動ブログ

【テニス部 1年生大会】

11月14日に1年生大会が行われました。女子団体チームが第4位になりました。感想を書いてもらいました。また、日々、文武両道を実践しているテニス部ですが、今回、部員の山口真優(3年)が英検準1級に合格しました。


相川 悠奈 松伏町立松伏第二中学校出身
 私は大会に1回しか出ていないけど、重みが違うと思いました。一人一人の勝ち負けではなく、みんなで戦っているということを強く思いました。これから、サーブの安定力とラリーを続けることができることを目標に頑張っていけるように練習したいと思います。◎柴田 夏稀 春日部市立葛飾中学校出身 1年生だけの団体戦だったので、緊張とプレッシャーがすごかったです。そんな中でどれだけ自分の力が出せるか、練習の大切さがわかる団体戦でした。この悔しさを忘れず、練習に取り組んでいきたいと思います。◎小泉 佳穂 川口市青木中学校出身 先輩方がいなく、自分たちの代だけで勝ち進めるか不安だったけれど、勝つことだけを考えて試合をしたので、自信を持ってプレーすることができました。◎吉澤 玲 川口市立安行東中学校出身 今回の試合はダブルスの試合で1年生の団結は不可欠でした。予選では慣れないダブルスで困惑しうまく動けませんでした。ペアの人にたくさん迷惑をかけてしまったのが悔しいです。本戦の初戦は緊張で自分が思うようなテニスができなかったけれど仲間に助けてもらいながら3位を取ることができ、スタートラインに立てたと思いました。これからも1年生同士で助け合いながら先輩たちを越えていけるように練習を頑張っていきたいです。◎岩下 木の実 三郷市立栄中学校出身 今回の1年生大会は4試合に出ることができました。4試合目は、この日で一番積極的に二人ともプレーができたと思います。森さんがラリーをしていてボレーに出て決まったときはとてもうれしかったです。ボレーやスマッシュにたくさん挑戦できたので、本当に良い試合だったと思います。この大会に出たことでたくさんのことを学べました。またペアの絆も深まってとてもうれしいです。◎森 喜愛 戸田市立喜沢中学校出身 とにかくひたすらに緊張しました。これまで一緒に練習してきた仲間と共に戦うことはとてもうれしくもあり、責任も感じました。飛び交う応援や仲間のハイタッチはかけがえのないものであり宝物になりました。