部活動ブログ

お祝い 【男子バスケットボール部】 インターハイ予選県大会出場権獲得

6/8(土)、9(日)にインターハイ埼玉県東部支部予選会が行われ、初戦で叡明高校、ブロック決勝県大会決定戦で八潮南高校と対戦し、見事勝利し、県大会出場権を獲得ました。これで、2023/2024シーズン、3大会(新人戦・関東予選・インハイ予選)全てで県大会出場を達成することができました。これも今の3年生が入学してからこれまで直向きにバスケットに取り組んできたからこそ得られた結果だと思いますキラキラ

6/10(月)に行われた抽選会で、県大会初戦を6/15(土)に北本体育センターにて所沢北高校と対戦することが決まりました。前々回、前回大会ともに県大会ベスト16という結果を残しましたが、チームの目標は県ベスト8以上王冠。今大会こそその目標を達成できるように最高の準備をして県大会に臨みたいと思いますキラキラ

今大会も本校写真部の皆さん、学校関係者、保護者の方々をはじめたくさんの方に応援いただきありがとうございました。県大会も最高の試合を見せられるようチーム一丸となって戦いますので、応援よろしくお願いします!

以下試合の詳細です。

 <初戦vs叡明高校>
叡明高校は前回大会で地区ベスト16の侮れないチーム。1Q開始早々相手の#17に3Pを2本連続で決められ、リードを許す。しかしその後、センター向坪のインサイドプレー、オールコートDFでのスティールからの速攻で逆転し、27-12で1Qを終える。2Q以降もこのままのペースでいきたいところだったが、2年生エース島根のシュートがなかなか当たらず、3年エース川畑、向坪の得点でなんとかつなぐも、相手の#4、#17の3Pが止まらず、うまくいかない焦りからかDFもチグハグになり、苦しい時間が続き、3Q終わって57-52。第4Q、もう一度チームで気合を入れ直し、激しいDFを徹底する。するとようやく島根のシュートが当たりだし、DFで相手にシュートチャンスを与えず、引き離し、残り3分で80-59。最後はベンチメンバーの3年生が引き継ぎ、87-67で初戦を勝利しました。

 

<ブロック決勝vs八潮南高校>
県大会出場権をかけた相手は八潮南高校。初戦、2回戦ともに確実な勝利を収めていている勢いに乗るチーム。
1Q開始早々2年生エース島根、藤田の連続3Pで得点する。その後もDFで相手にチャンスを与えず、3年エース川畑のドライブからの得点、キャプテン飯田のカッティングからのレイアップ、センター向坪のインサイドプレーで得点を重ね、32-11で1Qを終える。その勢いのまま、川畑・向坪・藤田・島根を中心に得点を重ね、ガードの森田・坂本もいいDFからの速攻で得点し、61-20で前半を終える。第3Qからはベンチメンバー全員が出場し、溌剌としたプレーを見せ、92-64で勝利しました。