校長室より

【校長室】夢の実現に挑戦する野球部諸君とともに(チーム越南応援練習)

 生徒たちにとって「もう一つの戦い」であった期末考査も無事終了し、7月8日(月)から部活動が再開されました。昨日7月9日(火)は、午後から突然賑やかな音楽と生徒たちの声が聞こえ、見に行ってみると正門前のロータリーで、7月14日(日)に全国高等学校野球選手権大会の初戦を迎える野球部の勝利を願って、チーム越南による応援練習が行われていました。

 チーム越南は、吹奏楽部、チアダンス部、野球部の部員で構成され、数々の応援パターンの中から応援リーダーがその場の戦況に合わせて最適なパターンを選択し、掛け声とともにサインボードに掲げて一丸となって雰囲気を盛り上げ、試合の流れを引き寄せるものです。

 県内有数の実力を持つ吹奏楽部は高校野球定番の曲から本校オリジナル曲まで多彩な音楽で一気に雰囲気を盛り上げ、その曲に乗ってチアダンス部が美しい隊列を組んでポンポンを振りながらキュートな踊りで艶やかに花を添え、更に野球部の応援部隊がメガホンをたたきながら絶叫に近い野太い声で気合のメッセージを選手に届ける。それぞれが役割を持ち、心を一つにして選手にパワーを送るのが仕事です。

 昨日は、ギラギラと照り付ける太陽のもと、この3つの部活動が一堂に会してプレ応援会を行い、それぞれが指示系統や役割分担、約束事やアクションのタイミング、振り付けや掛け声などを確認し合っていました。

 どの部も本番さながらのパフォーマンスで、まるでスタジアムのスタンドで実際に応援しているかのような気分になりました。連日の猛暑の中、水分補給と体調管理を徹底しながら、猛暑を吹き飛ばす勢いのパフォーマンスを見せたチーム越南応援団の皆さん。きっと試合当日も皆さんの想いを乗せた応援が大きな「南の風」となって、グラウンドで戦う選手たちに勇気と希望を与え、力強く背中を押してくれるはずです。

 「甲子園」という夢に向かって戦いに挑む野球部選手諸君、そしてその夢が叶うことを信じて選手たちを応援するチーム越南応援団。皆さんの心が「ひとつ」になったとき、会場にいる全ての人の心を動かす素晴らしいプレーが生まれ、「青春の1ページ」として心に刻まれる瞬間を手にすることができるのでしょう。そして、それが「勝利」とともに夢の実現に近づけることを願ってやみません。

 本校野球部の初戦は7月14日(日)第2試合(11時30分開始予定)、レジデンシャルスタジアム大宮(旧大宮市営球場)で行われます。対戦相手は大会Bシード校の強豪山村学園です。暑さ厳しき折ですが、保護者の皆さまにおかれましても、お時間の許す方は、是非スタジアムにてチーム越南の生徒たちとともに熱いご声援を賜り、ともに大きな「南の風」を選手たちに届けることができれば幸甚に存じます。

 頑張れ越南生!頑張れチーム越南!