図書館ブログ

越南図書館のお知らせ

生徒作成・本のPOP

また利用者の生徒が本のPOPを作って持ってきてくれました。
今までの作品も力作ぞろいだったのですが、今回のPOPは今までのものとはちょっと違うタイプなので紹介します。
星新一著「きまぐれロボット」のPOPです。



コラージュで作られています。
手書きの文字も作品のイメージにぴったりです。
POPは本と一緒に展示してあります。

新着図書ピックアップ

「しずく作品集&撮影テクニック」

前半部分は、植物などについた美しいしずくの写真集。
後半部分は、しずく写真の撮り方について書いてあります。
小さなしずくに映り込んだ花、しずくとアリ、綿毛に乗ったしずく。
写真集として楽しむのもよし、しずく写真に挑戦してみるのもよし。


「キツネと星」

デザイン化された絵柄が美しい絵本。
装丁、紙の質、一部にだけ施された彩色。
どれをとっても素晴らしい出来です。
デザインに興味のある人はぜひ手にとってみてください。


「櫛・簪とおしゃれ」

澤乃井櫛かんざし美術館所蔵の櫛・簪を紹介した写真集。
櫛といっても、髪を櫛るものではなく、髪に挿す飾りとしての櫛です。
木・象牙・べっ甲・硝子・金属と材質は様々。
彫り・塗り・蒔絵などで美しい装飾が施されています。
描かれているものも花鳥風月・人物・物語の一場面・家紋など多岐にわたっています。
日本人の美意識が感じられます。


「注文をまちがえる料理店」

認知症-発症してしまったら、いろいろなことを忘れてしまい何もできなくなる、そう思われがちです。
でも、認知症の人たちもいろいろなことができ、いろいろなことをやってみたいと思っている。
そんな認知症の人達が「間違っても大丈夫」と笑い合えるようなレストランが出来ないかという思いからできた、レストランのお話です。
自分が何をしに来たか忘れてしまったり、注文と違うものを配膳してしまったり。
それでもお客さんは怒ったりしない。お店には優しい空気が流れている。
この企画を考えた小国さんだけではなく、ホールスタッフになった認知症の人を介護する施設のスタッフや家族、お客さんになった人の手記も収められています。
多様性を受け入れることができる社会ということを考えさせられる本です。

イチオシ本2017コーナー

2017年に発売された新刊本の中から埼玉県の高校司書が投票で選んだ、イチオシ本のベスト10が発表されました。
図書館に所蔵していたものを、その本の著者や編集者のコメントのPOPとともに展示しました。
所蔵していない本も、今後入る予定です。
どんな本が選ばれたのか、ぜひ手にとってみてください。



「本屋大賞ノミネート作」コーナーの本も2018年度ノミネート作品に入れ替えました。

「高校生のための読書案内」コーナーの本も2018年度のものに入れ替えました。

展示スペース出来ました

図書館のいろいろなところに本の展示スペースが出来ました。

書架の脇


今までブックトラックが置かれていた書架のすき間


そして業務さんに相談して作ってもらった柱部分


とても素敵な雰囲気になりました。

巡回展示「もふもふ・むくむく・ほわほわ」

東部A地区(越谷地区)の巡回展示が本校から始まりました。
各学校の図書館司書がテーマに沿った本を選び、POPを作った本を展示するというものです。
今回のテーマは「もふもふ・むくむく・ほわほわ」
冬だから暖かい感じの本を展示したいということで選ばれたテーマです。
動物の写真集、小説、言葉に関する本などバラエティに富んだ本が集まりました。



本校での展示は2/7(水)までの予定です。
ぜひ図書館に見に来てください。