越南ブログ

越南の情報をお届けします!

「探Q」で探究の方法を学び、社会貢献を探究します



木曜日の5時間目は「総合的な探究の時間」です。本校では「探Q」といいます。
今日は1年生を対象に、この時間の趣旨説明です。
社会に貢献できr力を養うには、どのような力をつければよいか?
越谷南の生徒が「目指す力」は何なのか?

1年担任のイケメン数学科K先生が熱心に生徒に語り掛けていました。
現代はインターネットを用いれば膨大な知の集積場に容易にアクセスでき、知り
たいと思ったことが容易に入手できます。
でもそれに頼りすぎると、知的探究心や想像力が低下しますよね。

課題発見能力と、課題解決能力を身につけることを目指した時間、それが「総合
的な探究の時間」つまり「探Q」です。

外国語科スピーチコンテスト選考会

本日外国語科では、9月24日(木)に行われる校内スピーチコンテストに向けての選考会を行いました。

コロナの影響で実施が危ぶまれていた校内コンテストですが、会場を越谷市民会館の劇場に変えることで3密を回避しつつ実施できることになりました。

 今年度は1年生をレシテーション(暗唱)部門、2・3年生をスピーチ部門に分けて行うことになりました。
1年のレシテーションはオスカーワイルド作「幸福な王子」の一部を暗唱します。内容に合わせて声色を変えたり、声のトーンやイントネーションを工夫したり、生徒が様々な解釈で暗唱を披露をしました。

 そして2年生は自作のスピーチ原稿を使って、5分弱のスピーチを行いました。
4月の休校期間中もリモートで原稿の作成・遂行・添削を行いました。
スピーチ練習もGoogle Meetを使って練習や講習を重ねて、スピーチ技術を磨いてきました。

 3年生の有志2名と、今回の選考会で選ばれた5名の2年生の計7名がスピーチ部門に、1年生の5名がレシテーション部門に出場します。

キラキラ 廊下の学習スペースにホワイトボードシート!!

越谷南高校の職員室前の廊下には、学習や面談ができるように机が置いてあり、デスクライトも設置されています。

職員室の目の前という利点があるため、特にテスト前には多くの生徒が使い、すぐに先生方に質問し、その都度つまづきを解決しながら学習を進めています。

その学習の一助として、壁にホワイトボードシートを貼りました了解生徒同士での教え合いや、生徒が先生方から学ぶ際に有効活用して、より深い学びをしていきます鉛筆

 

越南の朝

『早起きは三文の徳』という言葉がありますが、みなさん早起きしていますか?

早起きをしてできた朝の時間で何を行っていますか?
朝活していますか?
私は我が家の愛猫と戯れるという、一日の幸福度を上げる朝活を行っていますピース

 

越谷南高校の朝はどのようなことが行われているのでしょうか?

朝7:30、朝SHRの1時間前の体育館の様子です。

今日はバドミントン部と男子バスケットボール部の朝練が行われていました。
朝早いことなど関係なく、活気であふれています。

職員室前では大学入試に向けた進路指導や補習が行われています。
3年生を中心に意欲的に先生の指導を受けている様子がみられます。

 

部活動でも勉強でも、頑張ったことは必ず自分の力になります!

朝の眠さにも負けず、頑張れ!越南生!!

「校舎」から見る越南生

2学期スタートから2週間経ちました。当初の行事も滞りなく終わり、日常が戻りつつあります。

今日は校舎2階を探検しながら、越南生の素顔に迫りたいと思います。

 

2階の渡り廊下には、写真部の作品集に並んで1年生の夏休み課題「職業インタビュー」の優秀作品が張り出してあります。これは、生徒一人ひとりがその職業に就いている方にインタビューしてまとめたものです。良いところだけではなく、大変だけれどやりがいのあることや、実際になるにはどのようなプロセスを経ていくのか等、実体験に即した内容がまとめてあります。進路を考える際に少しでも広い視野を持ってもらえれば、と考えています。

 

外語棟に向かう廊下には、外国語の授業でまとめた各国についての記事や、留学体験についての記事が張り出してあります。内容もそうですが見た目もわかりやすくまとまっており、初めて見る人にも楽しそうな外国語科の雰囲気が伝わってきます。今年度は、コロナウイルスの影響もあり外国の文化に直接触れるのは難しい状況にありますが、ICTを活用して少しでも生徒に雰囲気をつかんでもらいたいと考えています。

  

 

校舎2階を探検してみると、越南生の几帳面さや内に秘めた個性が展示を通して伝わってきます。

このほかにも書道や美術の作品もありますが、それはまた次回!

 

すごいぞ!越南生!!