外国語科ブログ

カテゴリ:オーストラリア語学研修

オーストラリア語学研修 第1回渡航者説明会

3月9日土曜日、本校にて来年度のオーストラリア語学研修の参加者を対象にした、第1回渡航者説明会を実施しました。

本校職員の挨拶のあと、JTBの担当者による、旅程やホームステイ上の注意点などを説明してもらいました。

コロナ禍で5年間も実施できなかった行事だけに、我々も生徒保護者の皆様も期待と不安でいっぱいで、真剣に説明を聞いていました。

次年度は週に一回のペースで事前指導をおこなっていきます。ぜひともオーストラリアでたくさんのことを学んで、一段と成長してもらえたらと思います。

東京グローバルゲートウェイで研修を行いました!

先日、2学年外国語科の生徒全員と普通科の希望者で東京グローバルゲートウェイに行ってきました!

この研修は、例年2年次で行う海外研修の代替として実施しました。

8人ずつのグループに分かれ、研修スタートですお知らせ

グループごとにエージェントと呼ばれるイングリッシュスピーカーの方がつき、4つのアクティビティに挑戦しました。

アトラクションエリアでは、空港のスーベニアショップ、ホテル、クリニック、飛行機の機内を想定して1人ひとり異なるミッションに取り組みました。分からないことはエージェントにヒントをもらいながら、自分の言葉で伝えることができました笑う

アクティブイマ―ジョンエリアでは、演劇とニュース番組の2つに分かれて体験しました。

演劇は、声を出す、ジェスチャーをするなどスモールステップで少しずつ慣れていきます花丸

最初は緊張気味でしたが、体を動かすことで、どんどん良くなっていく様子が見られました!

最後は出されたシチュエーションをペアで実演しました。

ニュース番組作成は、ディレクターやキャスターなど役割を分担し、オリジナルのニュース番組を作成しました。

最初は役割ごとで練習を行い、最後はスタジオで本番視聴覚

隣の部屋で皆で各グループのニュース番組をチェックキラキラスタジオで撮影した様子に画面が合成され、本物のニュース番組そのものでしたね了解

 

英語で考えたり、伝えたり…英語を使えるようになるための実践の場がたくさん用意されていて、非常に有意義な研修となりました!

 

令和4年度TGG語学研修

令和4年7月25日(月) 本校の外国語科2年3組は東京お台場にある体験型英語研修施設『東京グローバルゲートウェイ』に1日参加をしてきました。

 

 

海外の街や大学キャンパスをイメージした空間の中、グループで外国人と行動を共にし、様々なミッションを行っていきます。

 

例えば、薬局で買い物をしたり、

キャンパス内の購買で買い物をしたり、

異文化圏の人と意見交換をする練習をするなど

 

イングリッシュスピーカーと直にコミュニケーションを取ることができました。

 

 

普段は、ALTの先生やオンライン英会話の講師とくらいしか英語を使う機会はありません。

この施設を使って、試験勉強だけではない、実践的な英語に文字通り"face to face" でふれるチャンスを得ることができました。

 

 

Tokyo Global Gateway英語研修(外国語科2年生)

今年 1月6日、本校外国語科2年生は東京お台場にある東京グローバルゲートウェイ(TGG)に参加しました。

 

事到着後、受付してから名札記入。そこで集合写真撮影

 

次に、オリエンテーションルームにて全体の流れの説明をうけました。

そしてグループ分け。

 1チーム8名の生徒と外国人の案内役である『エージェント』1人でグループを作ります。

英語でお互い自己紹介をしていきます。

 

レッスンプログラムは、「アトラクション・エリア」と「アクティブイマ―ジョン・エリア」の2種類に分かれます。実際のシチュエーションを再現した体験が出来る工夫が盛りだくさんです。

 

生徒がニュース番組作りに挑戦したり、

 

日本文化の紹介を英語で行なったり、

 

レストランで注文をしたり、

飛行機に搭乗したり、

 

空港のお土産屋さんでショッピングをしたりしました。

 

 

また、体験だけでなく、

ディスカッションを通じて英語でプレゼンテーションを行なったり、

 

テーマについて意見交換をしたりもしました。

 

当日は珍しく、あいにくの雪でしたが、それも含めて非常に貴重な体験を得ることができました。

 

コロナ禍で海外研修が軒並みキャンセルになり、留学生の受け入れも実現できない現状では、オンラインで交流することぐらいしか生の英語に触れる機会がありません。

しかしながら、TGGならばこういった実際に外国人と直接コミュニケーションを取る体験が出来るので、非常にありがたいと感じました。

H30 オーストラリア海外研修 4・5日目

4日目も前日と同様、越谷南高生向けの英語の授業、モーニングティーからバディと一緒に過ごし、授業を受け、また最後に越谷南高生向けの英語の授業を受け、1日を終えました。学校での生活も2日目に入ったので、慣れてきた事もあり、積極的な質問も出始め、意思表示ができるようになってきました。その一方で英語漬けの疲れも出始めていますが、フレンドリーなバディの助けもあり、頑張っています。







 

5日目はマッコーリー大学という大きな大学を訪問しました。3グループにわかれて現地学生とのディスカッションの後、キャンパスを案内してもらいました。広いキャンパス、充実した施設、ハイテクな設備に驚きの声をあげながらあっという間のキャンパスツアーでした。






キャンパスツアーの後は、ホストファミリーが用意してくれたランチを、また生徒によっては大学のカフェテリアで追加で買い足し、芝生の上で気持ちよく昼食を取りました。最後に、最終日に行うプレゼンテーションの練習を青空の下行い、戻ってきました。あっという間に研修も半分が過ぎてしまいました。残り半分も前向きに頑張って欲しいと思います。




H30 オーストラリア海外研修 3日目

H30 オーストラリア海外研修 3日目

朝、ホストファミリーに送られて学校に登校しました。話を聞いてみるとそれぞれ様々な形でのホームステイ初日だったようですが、自分の思った事を自分から伝えていく積極的な姿勢は共通の課題かもしれません。

 

今日はまず越谷南の生徒向けの英語の授業を受けました。




そしてモーニングティーという午前中のおやつの時間から、バディと呼ばれる世話役の現地生徒と合流し、そのまま現地生徒と一緒に授業を受けました。




やはり難しかったようですが、バディーも皆フレンドリーで、助けを借りながら一生懸命に授業を受けてきました。


ランチまで一緒にバディと過ごした後、最後にまた越谷南の生徒向けの英語の授業を受け、ホストファミリーのお迎えで帰宅となりました。明日も同様のスケジュールで授業を受けていきます。


H30 オーストラリア海外研修 2日目

7月23日(月)

興奮と不安、飛行機の中という慣れない環境でなかなか寝られなかった生徒もいたようですが、参加者全員体調を崩すことなく無事にシドニーに到着しました。到着後、まずは有名なオペラハウスやハーバーブリッジが見えるミセスマッコリーズポイントへ。




シドニーの象徴を眺め、写真に収め、次にタロンガ動物園へ行きました。動物園内で昼食後、それぞれ自由行動でコアラやカンガルーなどの動物を見て楽しみました。






まさにオーストラリアの象徴を楽しんだ後は今回の研修でお世話になるSt Paul’s Grammar Schoolでドキドキのホストファミリーとの対面。各家庭でのホームステイが始まりました。明日からは学校が始まります。

H30オーストラリア海外研修 出発

本日羽田空港から、本校2学年の生徒24名が無事に出発しました。

 

見送りに駆けつけた校長先生の激励のあと、添乗員の指示をうけ、ゲートをくぐって行きました。

これから10日間でどんな経験を積んできてくれるのか楽しみです。



校長先生からの挨拶


搭乗手続きを行う生徒達


元気にゲートへ入って行きました。