越南ブログ

越南の情報をお届けします!

1年遠足(まとめ)

さる10月23日(金)に、一学年は川越に遠足に行って参りました!

班ごとに行動計画を決めて、1日自由行動の遠足です。

その後、LHR等を使い遠足のまとめを行いました。

 

  

 

雨の中の遠足となりましたが、各々よく楽しんだようです。

まとめ方も、インスタ風あり、ガイドブック風あり、バラエティに富んだものとなりました。

「まとめて他者に発表する」練習は、これからの総合的な探究の時間の練習として良い物になったと思います。

これからも頑張っていきます!

おつかれ!越南生!!

 

新たな場所での長距離大会開催!!

昨日、令和2年度の長距離大会が開催されました。

今年はさいたま市の荒川彩湖公園での実施となり、4.5キロの周回コースを

男子は4周(18キロ)、女子は3周(13.5キロ)走りました。

 

天候にも恵まれ、とても走りやすい気候だったと思います!

 

長距離大会の中で最も感動的な場面が…!

最後の集団が3周目を通過したとき、制限時間ギリギリ…

ちょっと間に合わないかなと多くの人が思った中、

担任の先生含め4名の教員が生徒を激励しながら一緒に走り、

なんと全生徒が制限時間残り2分でゴールできたのです!!

会場からは温かい拍手が送られました!!さすが越南生!!

 

 

≪長距離大会の様子≫

 

 

 

イオンレイクタウンで音楽を採集

芸術選択の音楽では、音楽の使われ方を学んでいます。世の中の音楽は様々な目的で使われていいて、それぞれ特徴を持っています。今日は「背景として使われる音楽」についてのフィールドワークです。

授業で運動会などの学校行事、コンビニ、家電量販店、病院など様々な場所でBGM使われていて、その目的について考えました。すると使用されている音楽にも場所によって特徴がある事を学びました。

さあそれぞれのお店へ出発

特に商業施設ではお店の雰囲気や販売する物によって様々な音楽が使われています。そこでイオンレイクタウンのお店を3つ選び、予めどんな音楽が流れているか予想を立てました。そして今日は、実際にお店に行ってBGMを聴いて、スマホの録音機能を使って録音します。予想は当たったかな?

学校へ戻ったら、録音したBGMを聴き返して記録の整理と考察を記入します。なぜあのような音楽を流していたんだろう?思ったよりテンポの遅い曲が多かったな、など色々な発見があったようです。

近年はYouTubeなど動画サイトの普及で、動画作成など音楽を使う側にまわる機会が増えています。その時に今回の経験を役立てて欲しいです。

 

 

「普通」ってなあに?

1学年の生徒対象に、「パラリンピック講演会」が実施されました。

講演してくださったのは、5人制サッカー(ブラインドサッカー)日本代表の加藤健人さん。

 

「カトケンと呼んでくださいにっこり」という気さくなお言葉で始まった講演は、まず話しを聞く時のルール説明から。

それは、カトケンさんが質問をした時に手を挙げたり頷いたりするのではわからないので、「拍手をする」というもの。

普段とは違う話の聞き方に緊張しつつも、カトケンさんの実体験やブラインドサッカーの説明に、生徒達はすぐに夢中になっていました。

 

↑ 目に手を当てて、天井の光を感じるという体験中。

 

講演の途中、パスやドリブルの実演を見せていただいた時には、とても大きな拍手と「おおーっ」という歓声が上がりました。

 ↑ 教員2人の間をドリブルするカトケンさん。

列の後ろにいた生徒たちは立ち上がって熱心に見ていました。

 

講演の最後に、カトケンさんからこんな質問がありました。

 

「『普通』って何だと思いますか?」

 

生徒たちは、周りの人と話し合います。

「ええ~、普通って何だろう。」

「目が見えること?」「耳が聞こえること?」

「一人で生活できること?」「手助けなく電車に乗って目的地に行けること?」

 

そんな生徒たちにカトケンさんは質問します。

「じゃあ、カトケンは『普通』じゃないのかな?」

 

その時の、生徒たちのハッとした表情が印象的でした。

 

「普通の人」は、実は存在しないのではないか。

人それぞれ違うのだから、普通かそうじゃないか、比べる必要はない。

 

そうおっしゃるカトケンさんの言葉に、生徒たちは聞き入っていました。

講演の最後にお話しされた、「始めなければ、始まらない」という言葉。

ハンデがあってもなくても、得意なことがあっても苦手なことがあっても、

やってみなければ分からない。まずは挑戦すること!

生徒たちにとても必要で大切な言葉をいただきました。

 

講演会の次の時間には、代表して8組の生徒がブラインドサッカーの体験をしました。

 

↑ 説明を聞き、いざ体験!

 

 

↑  アイマスクをして、数メートル先にいる人の声を頼りに歩いていきます。

 

↑ 実際にアイマスクのままでボールを蹴ってパス!難しそうです。

 

生徒にとって有意義な時間になりました。カトケンさん、ありがとうございました!

↑全員でアイマスクのまま集合写真。素晴らしい経験をさせていただきました!

越谷南の『先進的な!?自習』の風景

本日は越谷南の『先進的な!?自習』の風景をお届けします。

本校の外国語科2年3組は、生徒全員が「chromebook」を支給されています。

筆者(2年3組の数学Ⅱ担当)は出張により、2年3組に自習課題を出す必要がありました。

「3組の数学Ⅱ、けっこう遅れているんだよなあ…自習となると、さらに遅れてしまう…どうしたものか…」

「!!」

「3組はたしか、chromebookを持っていたな。それで授業動画を視聴して、授業を進めてしまえばいいのでは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年3組の生徒は慣れた様子で授業動画を視聴しながら、予定されていた通常通りの内容をこなしてくれたそうです。

「動画を止めたり、戻したりできるから自分のペースで進められていい」

「先生が動画の中から急に自分を指名してきて、焦った」

「むしろ普段の授業よりわかりやすいです」(?!)

 

と前向きな意見をいただきました。

臨時休業中も、このような形で授業を行いました。

これからの時代は、こういった授業の形式がどんどん増えていくのでしょうね。

数学が得意な生徒には応用的な問題の解説、苦手な生徒には基礎的な問題の解説などを、これから作っていけたらいいなあと思います。

 

しかし……筆者はやっぱり「双方向で行う授業」の形が好きです。

先生と生徒でやり取りしながら、勉強していく。得意な人が苦手な人に教えながら、クラスの雰囲気をみんなで感じながら授業をしていく。

学校で一番大事なのは、「人との関わりを通して成長する」ことだと筆者は考えるからです。

 

「動画の授業」「対面の授業」、どちらの良さも活かしながら、生徒の成長を第一に考えて、越谷南高校は教育を行っていきたいと思います。

 

さあ、期末考査まで約3週間。気候もいつの間にか段々冬らしくなってきました。

部活に、勉強に、なんでも頑張る越南生諸君。体調には十分気をつけて、今年を乗り切っていきましょうね。

がんばれ、越南生。

越南生の放課後

越南生は、授業中だけではなく放課後も本気で活動中です。

 

評議委員会(来年の生徒総会の準備をしています)

 

 

個別補習(教室では補講も行われています)

 

 

そのほか部活動も、運動部、文化部ともに全力活動中です。

「文武両道」は本校のモットーです。

がんばれ!越南生!!

 

キラキラ 本日の総合的な探究の時間

2年生は、「総合的な探究の時間」のゼミごとでの発表が2月に控え、探究したものが多くの作業によって、いよいよ具現化されてきました。ポスターで発表するゼミとGoogleスライドを使って発表するゼミとで、表現方法への思考にかなり違いが出てきて、面白くなってきました興奮・ヤッター!
  

1年生は、引き続き「探究」するための「学び方の学び」をしています。3学期からの「探究」に向けて良い学びの積み重ねができていると思います花丸
  

教員のオフショット・・・

今日10月30日はハロウィーン前日ですが・・・

 

何やら、「ハロウィーン」にちなんだ工作をしている人がいますね・・・驚く・ビックリ

 

 

さあ、何を作っているのでしょうか?

 

答えは・・・ご本人の更新回で発表しますキラキラ

キラキラ 12月の中学生・保護者向け学校説明会の準備

12月の学校説明会に向けて、コロナ対策も含め準備を進めていますが、
本日は、奉仕の心を体現するJRC部のみなさんが学校説明会に向けての準備を
手伝ってくれました興奮・ヤッター!
作業内容は、中学生・保護者に配布する資料を作成するための下準備でした。
誰もが、「ちょっと面倒くさい」と思うであろう地味で時間のかかる作業を、
ホントに爽やかに気持ちよくやってくれました花丸

この後、準備が本格化し受け入れ態勢が決まった時点で、中学生・保護者に向けて、
このHPでアナウンスさせていただきます。

赤い羽根募金

今日から厚生委員による赤い羽根募金が行われています。

今朝各HRで厚生委員さんによる呼びかけが行われました。
ある教室では担任の先生が小銭入れに入っていた全額を入れたとか…
漢気ですねキラキラ
皆さんも可能な範囲でそれぞれ協力ができるといいですね!

 


また今年は新たな試みとして各昇降口に募金箱が設置されました。
これは少しでも多くの額を集められないか?
全生徒が毎日必ず通る場所を活用できないか?
といったことから考案されました!

 

自ら考え、行動する!
越南生全員ができるようになれば越谷南高校はさらに良い高校になることでしょう!

頑張れ、越南生お知らせ