校長室より

校長室より

【校長室】跳躍種目2種目で埼玉県制覇、北関東大会出場権獲得(陸上部)

 5月12日(日)から5月15日(水)までの4日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場において、陸上競技の学校総合体育大会の県大会が行われました。陸上競技は、他の競技と違い関東大会予選がインターハイ予選を兼ねているため、この大会で上位入賞(6位まで)すると北関東大会への出場権を獲得し、更に北関東大会の上位者が全国高校総体(インターハイ)への出場権を獲得するというレギュレーションとなっています。

 本校からは棒高跳び、走り高跳び、三段跳びをはじめ、中距離やリレー種目など、地区予選を勝ち抜いた男女多くの選手が県大会に出場し、北関東大会出場権の獲得に挑みました。大会期間中は天候も安定せず、強風や豪雨の日もありましたが、出場選手たちにとって条件は同じなので、環境に合わせて自己のベストを尽くすのみとなりました。

 結果は、大会初日に男子棒高跳び決勝が行われ、東部地区予選優勝の岩崎君(3年)が危なげなく試技を重ね、地区予選の記録を10㎝更新する4m50㎝をクリアして見事優勝し、幸先よく北関東大会出場を決めました。同じく男子走り高跳びで東部地区予選を制した佐藤君(3年)が大会3日目に登場し、自己記録には及びませんでしたが185㎝の記録で8位入賞と健闘しました。また、男子三段跳びで東部地区覇者となった木戸君(3年)が大会最終日となった本日、満を持して登場。最初の試技で記録なしとなり一瞬ドキッとしましたが、その後は慌てず実力どおりの跳躍を見せ、5本目と6本目の試技で地区予選の記録を大きく上回る14m71㎝を跳び、2位以下に大差をつけるぶっちぎりでの優勝を果たしました。

 栄えある埼玉県チャンピオンの称号を手にした岩崎君と木戸君は、埼玉県の代表として6月に東京都で行われる北関東大会出場権を獲得することができました。北関東大会でも自分の力を100%発揮できるよう、気負わずに頑張ってほしいと思います。おめでとう!

 これも、本校の掲げる「文武両道」を体現する生徒の努力はもちろん、日頃から影となり日向となり支えてくださるご家族の皆さまのおかげであり、心より感謝申し上げます。

 本校の選手は上記以外の種目にも多数出場し、それぞれベストを尽くしましたが、残念ながら入賞はなりませんでした。しかし、日々の努力と精進を積み重ね、東部地区の代表として県大会に挑んだ選手たちは、とても立派だと思います。

 日々の練習に意識高く取り組み、元気よく努力と精進を積み重ねている陸上部の皆さんの活躍の様子を校長室の窓越しに見るたびに、「自らの記録と向き合い、研究と挑戦を繰り返しているんだな」と感心しています。満足できる結果を得られた選手もそうでない選手も、そして、今回は県大会出場を逃した選手も、自分が取り組んでいることに自信と誇りをもって、更なる成長と飛躍を目指してほしいと願います。

 がんばれ越南生!がんばれ陸上部!

 

【校長室】音楽って素晴らしい!(吹奏楽部定期演奏会)

 昨日5月12日(日)に本校吹奏楽部が、越谷サンシティホールの大ホールにて第38回定期演奏会を開催しました。このホールの収容人数は1675席ですが、ほぼ満席の来場者で溢れかえり、大盛況のうちに実施することができました。生徒たちも、客席が来場者で埋め尽くされた素晴らしい舞台で経験を積むことができ、緊張とともに大きな達成感を感じられるとても有意義な時間となりました。

 こうした舞台で日頃の成果を披露できますのも、生徒たちの日々の努力は言うまでもありませんが、日頃より温かく見守り、支えてくださっているご家族の皆さまや様々な形でご支援や応援を賜ります皆さま、そして運営にご尽力いただいたOB、OGの皆さんや関係の方々など、たくさんの方のご協力があってこそ実現できた舞台だと考えています。お休みのところお越しいただきました保護者の皆さまや応援していただいている皆さまには、心より深く感謝申し上げます。

 演奏会は3部構成となっており、第1部はコンクール課題曲を中心とした緊張感のあるステージで、押し寄せる音の迫力と様々な楽器が奏でる音楽のハーモニーに、一気に心を奪われてしまいました。第2部では、入部まもない50名の1年生が全員で揃いのTシャツを着てステージデビューを果たしました。わずか1か月足らずのチームで、しかも初心者もいる状況でしたが、奏でるその音楽はすでに立派なハーモニーとなっており、さすが強豪校だなと感心しました。第3部は、打って変わってポップでコミカルなステージとなり、カラフルな衣装を纏った部員たちに心を鷲掴みにされ、会場全体が一体となって音楽に合わせて踊るなど、とても楽しく爽やかなステージとなりました。顧問の先生もナレーションに加わったり、金髪に派手な衣装で指揮棒を振ったり、生徒と一体となって楽しんでいる姿に学校教育における部活動の意義を強く感じました。

 印象的だったのは、各演奏の前に部員がマイクを持ち、演奏する楽曲の説明をしてくれるのですが、これがどの生徒も丁寧でわかりやすく、しかも堂々としており、とても素晴らしかったです。中でも秀逸だったのは、終盤に登壇した部長さんが来場者の方々に思いを伝える丁寧で流暢な挨拶と、コメディータッチの演出やダンスパフォーマンスに加え、エンディングで披露した120名の部員全員による、まさかの「合唱」です。普段楽器を奏でることが仕事の吹奏楽部員が、同じ音楽でもジャンルの違う「歌」で自分たちを表現する。きっと歌うことは苦手な生徒もいたと思いますが、全員が堂々と歌い、まるで合唱部の発表を見に来たのかと錯覚するぐらいの圧倒的な歌声でした。次々と披露される音楽とコミカルに進むパフォーマンスについつい引き込まれ、気づいてみれば約3時間にわたるステージに没入してしまいました。

 吹奏楽部の演奏を聴くと、いつも感じることがあります。それは、スポーツの世界ではよく言われることですが、「音楽にも人の心を動かす力がある」ということです。もちろん奏でられる音楽そのものの魅力もありますが、何より出演する生徒一人ひとりに違う楽器と役割が与えられ、全員が自身の役割を全うすることで一つの作品が出来上がることがその要因であると考えます。個々の演奏テクニックの上達だけでは人を魅了する音楽を奏でることはできず、演奏者全員が仲間の存在をしっかりと意識し、音色や音の強弱、タイミングやリズム、ブレストに至るまで様々なことを感じ合いながら、全体の調和を最優先に一体感のある音楽を目指す。そこに観客の心を魅了する理由があるのではないでしょうか。日常の練習や学校生活から仲間との協調や協働を強く意識し、チームとしての音楽づくりができていることが透けて見えるからこそ、「人の心を動かすことができる」のだと思います。越南吹奏楽部は、100名を超える大所帯となった現在でも、こうしたことを部員全員が意識し、実践しているからこそ「吹奏楽強豪校」としての確固たる地位を維持しているのではないでしょうか。そして、こうした考え方は、学力向上や自己実現とともに人格形成を追求する学校教育活動の根幹であり、本校が部活動を推奨する大きな理由でもあるのです。

 吹奏楽部の皆さん、素敵なひと時をありがとう。次の公演がとても楽しみになりました。夏の県大会、西関東、そして全国の舞台目指してがんばれ越南生、がんばれ吹奏楽部!

 

【校長室】令和6年度PTA後援会総会を実施しました。

 保護者の皆さまにおかれましては、日頃より本校の教育諸活動に対しまして格別の御理解と御協力を賜り、心より深く感謝申し上げます。

 さて、5月11日(土)に、多くの保護者の皆さまに御参加いただき、令和6年度PTA後援会総会を実施しました。総会では、本部役員の皆さまを中心に、予定された6本の議案を慎重に審議し、すべての議案について案のとおり議決することができました。円滑な議事進行に御協力いただき、感謝申し上げます。

 これに伴い、PTA後援会の組織も、旧役員から新役員への世代交代が行われ、今後は新たに発足した新役員体制のもとで活動を行うこととなりました。

 PTAや後援会の組織については、義務教育諸学校を中心に、その存在意義や加入の是非などについて様々な意見があるところですが、学校にとってPTAや後援会の組織の存在は非常に重要であります。実際に学校運営にとても大きな役割を担っていただいており、保護者の皆さまの御理解と御協力なしには、在籍するすべての生徒に対してより良い学びの場を提供することが困難な現状がございます。特に高等学校におけるPTAや後援会の存在意義は義務教育諸学校と大きく異なり、PTAや後援会の支援なしには、地域や保護者の皆さまのニーズにこたえる学校運営が難しい状況があります。

 日々学校で行こなわれる教育活動にはPTAや後援会の御支援により成り立っていることがたくさんあり、本校が生徒たちに対して求めている「文武両道」の校訓のもと、学習活動にも部活動にも安心して思い切り打ち込める環境を提供できていることは、その代表的なことであります。

 様々なお考えがあることは承知しておりますが、「生徒をより良く学ばせ、大きく成長させる」という学校と保護者の皆さまの共通の目的を達成するために、今後とも御理解と御協力を賜りたく存じます。

 令和6年度は、コロナの制約等もなく学校行事をはじめとする様々な取組が昨年度以上に活発に行える見通しです。保護者の皆さまにおかれましては、学校にお越しいただく機会をたくさんもっていただき、学校での教育活動の様子や生徒の活躍の様子などを直接御覧いただくことで、教職員と保護者の皆さまで同じベクトルをもって、生徒の成長を共に支えてまいりたいと考えております。

 総会にて議決した議案の詳細につきましては、本校ホームページに新たに開設した「保護者ルーム」から御確認ください。また、総会に参加されなかった保護者の皆さまには、お子様を通じて後日総会資料を配布いたします。

 今後とも、本校並びに本校PTA後援会の諸活動に御理解と御協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

【校長室】男子バレーボール部2年連続5回目の関東大会出場権獲得!

 5月10日(金)と11日(土)にバレーボールの関東大会県予選が深谷市総合体育館で行われ、本校男子バレーボール部が出場しました。関東大会へは埼玉県から6チームが出場できる規定となっており、本校は、昨年度に続き2年連続の関東大会出場権獲得を目指しての出場となりました。

 5月10日(金)は1回戦と2回戦が行われ、越谷北高校、東京農業大学第三高校にそれぞれストレートで勝利し、順当にベスト8進出を決めました。

 5月11日(土)は、いよいよ関東大会出場に王手がかかった実力あるチーム同士の戦いとなり、本校は準々決勝で優勝候補の正智深谷高校との対戦となりました。この試合に勝てば、関東大会への出場権を獲得できる大一番でしたが、やはり相手も評判どおりの強豪だったようで、第1セットはデュースとなり、26対24の僅差でセットを獲得しました。これで勢いに乗り、第2セットは25対15で押し切り、セットカウント2対0でベスト4進出と関東大会出場権獲得を決めました。

 続く準決勝では、こちらも強豪の昌平高校にセットカウント0対2(16対25、20対25)で押し切られ、残念ながら決勝進出を逃すこととなりました。さらにこの日3試合目となった3位決定戦では、上尾高校との公立校対決となりました。第1セットは19対25で落とした後、第2セットで奮起し、逆に25対20で取り返してフルセットの戦いとなりましたが、第3セットは15対25で押し切られ、最終結果は埼玉県第4位となりました。

 校長としては、何としても応援に駆け付けたかったのですが、当日は、PTA後援会の総会が学校で行われたため、学校から想いを届けることとなりましたが、保護者の方から情報をいただき、PTA総会に参加された保護者の皆さまに、リアルタイムで情報をお伝えすることができました。保護者の皆さまからは、関東大会出場権獲得に大きな歓声と笑顔をいただき、本校生徒の活躍を共に喜ぶことができました。

 男子バレーボール部の選手諸君は、準決勝以降の2試合を勝利できなかったことに対して悔しさや落胆もあるかと思いますが、関東大会出場権の獲得や県第4位という成績は、どのチームでも達成できることではなく、苦しい状況でも諦めずに日々努力と精進を重ねたチームにしか手にできない素晴らしい結果だと思います。むしろ様々な競技でスポーツ推薦を常とし、県の上位を席巻する私学勢に対して、公立校の雄としてベスト4に進出できたことに自信をもって、胸を張って帰校してほしいと思います。5月末から山梨の地で行われる関東大会では、埼玉県代表として、そして越南生の代表として誇りをもって、今回の悔しさを思い切りぶつけ、大きな南の風を吹かしてきてほしいと願います。

 2年連続5回目の関東大会出場権獲得おめでとう、がんばれ越南生、がんばれ男子バレーボール部!

 

【校長室】自治の大切さとは・・・

 本日5月9日(木)6限に令和6年度の生徒総会がオンラインで行われました。生徒たちは教室で各自のタブレットで議案書の内容を確認しながら、各クラスのプロジェクターを通じて配信される生徒会や議長団からの指示・連絡や総会の議案について傾聴し、審議しました。

 配信元の撮影現場では、生徒会の生徒たちが場を仕切り、放送部員が撮影・配信を担当し、生徒から選出された議長、副議長、書記の皆さんが議事を進行するという取り組みを、それぞれが生徒同士の調整と協力により、滞りなく進行する様子を見て、本校生徒の自律心の強さと自治能力の高さに感心しました。

 こうした自主自立の精神を基盤とした自治活動の経験が物事に対する適切な捉え方や考え方を育み、社会に出た時に必要とされる人材となるための人間力を高めていくのだと思います。

 教室で議事に参加していた生徒たちも、総じて真剣に議事に参加しており、学校行事の在り方や部活動の予算などについて自分事として考えられたようです。議事もすべての内容が提案のとおり可決され、令和6年度の生徒活動がいよいよ始まります。

 自らの学校生活に関わることを、他者と調整・協働しながら、自らの意志で議決し、その結果に基づいて活動する。高校生にとって、とても大切な時間を過ごせたのではないかと感じています。

 生徒会、放送部、そして議長団の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

【校長室】受検生必見!生徒募集行事の概要を要チェック!

 令和7年度入学者選抜に係る本年度の生徒募集行事の概要を「中学生の皆さんへ」のページに掲載しました。

 申し込み方法や細かな時程などの詳細は、確定しだい改めてお知らせしますが、本校を志望校の一つと考えている皆さんは要チェック!

 今から行事の日程をチェックして、計画的に説明会に参加してください。併せて、「文武両道」を校訓に掲げ、本校の特徴でもある部活動についても見学や体験参加ができるよう、日程を確認してください。

 特に本校を志望する受検生の多くは夏休みから10月頃には志望校を絞る傾向が強いようです。各説明会は事前申し込みが必要であり、参加者数に上限がありますので、計画的に日程を確保することをお勧めします。

 なお、学校説明会はどの会も内容に差は無い予定です。自身のスケジュールに合わせて参加してください。勉強も部活動もどちらも頑張りたいと考えている皆さんの参加をお待ちしています。

 また、不明な点やわからないことがある場合は、本校教頭までお問い合わせください。

【校長室】女子ハンドボール部、関東大会出場決定おめでとう!

 ハンドボールの関東大会県予選最終日が5月4日(土)に三郷市総合体育館で行われました。本校女子ハンドボール部は準々決勝で強豪埼玉栄高校に敗れたものの、敗者復活戦を勝ち抜き、関東大会埼玉県代表の切符をかけた3位決定戦に臨みました。

 相手の春日部女子高校はどの選手もクオリティが高く、関東大会初出場をかけてここまで勝ち上がってきた勢いのあるチームで、前評判通り一進一退の見ごたえのあるゲームとなりました。前半は、相手の勢いに押され、終始リードを許す苦しい展開が続きました。前半終了間際に同点を狙った素晴らしいシュートは無情にも終了ブザーの後の判定でゴールが認められず、1点ビハインドのままハーフタイムを迎えました。

 ハーフタイムでは、顧問の指示を再確認して心を一つにするとともに、選手同士が声を掛け合って気持ちを高めて後半に臨みましたが、あと一歩のところで得点につながらず、ビハインドのまま一進一退が続きました。後半中ごろには、男子部員や保護者の皆さんをはじめ会場全体のボルテージも上がり、応援が過熱してきた中、落ち着いて試合を進め、徐々に実力を発揮し始めた本校選手が、苦しい場面で相手に競り勝って得点を重ね、気づいてみれば残り2分の場面で2点リードする展開となりました。タイムアップが迫り相手選手がオールコートプレスでボールを必死に奪いにくる中、本校選手は慌てることなく冷静に対応し、逆にカウンターからダメ押しのゴールを奪って試合を決めました。結果は22対19で見事埼玉県代表として関東大会の切符を手にすることができました。

 タイムアップの笛が鳴る中、コートもベンチもスタンドも歓喜にあふれ、全力で戦い結果に結びつけた選手たちが、拳を高々と挙げる姿に心が揺さぶられる感動を覚えました。これは、越南スタイルの「文武両道」を体現し、終始諦めることなく実直に戦い続けた選手の皆さんの努力と精進はもちろん、ベンチメンバーや顧問などのチームスタッフとの一体感、大きな声で応援し続けてくれた男子部員、いつも寄り添い支えてくださった保護者の皆さまのおかげであり、心より感謝いたします。また、本日は連休中にもかかわらず大勢の保護者の皆さまに応援に来ていただき、重ねて感謝申し上げます。選手たちも、さぞ勇気付けられたことと思います。

 相手の春日部女子高校はフェアで礼儀正しく高校生らしいとても素晴らしいチームでした。緊張感のある試合を共に展開してくれた春日部女子高校の皆さんにも感謝いたします。

 女子ハンドボール部の皆さん、4年連続5回目の関東大会出場決定、おめでとうございます。自らの力で勝ち取った出場権に自信と誇りをもってほしいと思います。関東大会でも越南の風を思い切り吹かして、思う存分頑張ってください。皆さんなら、きっと素晴らしい試合ができると信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【校長室】令和6年度が始まりました

 いよいよ令和6年度が始まりました。生徒たちの1年のスタートを待っていたかのように桜が満開の中、生徒たちが元気に登校してきました。

 午前中は、新2年生と新3年生を対象に着任式を行い、本年度新たに本校にお迎えした22名の先生方を紹介しました。始業式の講話では「逆算の法則」を紹介し、目的を持つことの大切さについてお話ししました。ぜひ、生徒の皆さんには、明確な目標をもって高校生活を送り、計画的にそして確実に自分の理想の姿に近づいてほしいと願います。

 午後からはPTA会長様ほか5名の御来賓の皆さまの御臨席を賜り、第51回入学式を挙行して358名の新入生を迎えました。式は厳粛で緊張感のある中、滞りなく進行しました。式辞では、これから始まる高校3年間を通して意識してほしいこととして「求められる人物になること」と「苦手から逃げずに学び続けよ」というお話をしました。PTA会長様からは新入生を励ますあたたかな御祝辞を頂戴し、新入生代表の生徒からは、文武両道の校訓に則り、全力で高校生活に取り組みたいと誓いの言葉がありました。まだあどけなさや初々しさが残る新入生たちが少しづつ大人になっていくのを、保護者の皆さまとともに支えていきたいと思います。

【校長室】春は間もなく

 新しい年度が始まります。生徒の皆さんは良いスタートが切れるように準備をしてください。そして春は別れと出会いの季節でもあります。今年度末でご退職、ご転出される先生方、本当にありがとうございました。また新しくいらっしゃる先生方、よろしくお願いします。校内の桜も間もなく咲き始めます。春はすぐそこまで来ています。実りある1年にしましょう。

 今日の一言 『感謝のことば ありがとう』

           

【校長室】3学期が終了しました

 本日、修了式を行い、1年間が終了しました。今年はコロナでの制限も緩和され、コロナ前の学校生活を送ることができました。本日の式も体育館で全生徒の顔を見ることができて良かったです。生徒の皆さんは新年度を迎えるにあたり、気持ちも新たに目標達成に向けて頑張ってほしいと思います。応援してくれる人がいることを忘れずに!

 今日の一言 『あきらめないことだ。一度あきらめると習慣になる。』(斎藤茂太氏)

 令和5年度修了式校長講話 ⇒ (HP)令和5年度 修了式 校長講話.pdf

       スライド資料 ⇒ (HP)令和5年度 修了式 PP資料.pdf

         校長通信 ⇒  R60322 校長通信(学年末・春季休業版).pdf