スピーチコンテスト

スピーチコンテスト

平成28年9月29日 第17回スピーチコンテスト


第17回校内スピーチコンテスト

 

平成28年9月29日(木)の5,6時間目に、外国語科恒例の英語スピーチコンテストが行われました。

校長先生の挨拶は今年も最後まで英語で行われ、雰囲気を大いに盛り上げてくださいました。

外国語科の生徒たち全員が1学期当初から原稿作成を始め、1学期末に原稿を完成させてクラス内で発表しました。予選を勝ち抜き、コンテストに出場したのは各学年から3名ずつ選出された計9名のスピーカーです。

スピーカーたちは夏休み中も担当教員やALTの指導を受け、何度も原稿を書き直し練習を重ねました。当日は9名全員が練習の成果を発揮し、素晴らしいスピーチを行いました。

本校のスピーチコンテストは、外国語科の生徒たちにより、自主的に運営されています。今年度も、事前のしおり作成や、当日の会場設営、英語による司会進行などを生徒たちが中心となって行いました。生徒たちはコンテストを通して多くのことを学んでいます。

 

コンテストの結果(学年とタイトル)は以下の通りです。

 

第1位  2年 I Support My Grandpa

第2位  3年 Young People Save Japan

第3位  1年 Family

なお、第1位の生徒が県大会に出場しました。


 今年度はゲスト講演者として東京大学特任助教授アリアン マカリンガ ボロンガン氏が来校し、わかりやすい英語で高校卒業後の大学生活などについて話をしてくださいました。 Life is difficult. Ask questions. It is OK to makemistakes.と言う言葉が生徒の印象に残ったようです。


第17回スピーチコンテスト1
校長先生のオープニングスピーチ

     
第17回スピーチコンテスト2
アリアン氏の講演

第17回スピーチコンテスト3
出場者

        第17回スピーチコンテスト4
司会と計時担当の3年生

第17回スピーチコンテスト53年連続出場しました!

 第17回スピーチコンテスト6
3年連続出場しました!

第17回スピーチコンテスト7
ALTミッチェル先生からの講評 
 第17回スピーチコンテスト8
ALTデブラ先生からの講評 


          毎年出場者が決まると個別指導をしてくれます。



フラット表示へ
 という部分をクリックすると過去の記事が閲覧できます。